豊葦原国譲りから邪馬台国夜須へ、ケルト天神ともに共通の名

 

☆とよあしはら くにゆずりから やまたい くにやすへ ようこそ



           
                                               

 

葦原国から邪馬台国夜須へ                 2019/2/2                   2018発表          2017発表         2016内容 

 トップ移動→ 2019/6/05  1 top     2019/7/12  2top

  

平安時代に、夜須で、お茶が、たしなまれて、いた事を、つき止めた、平山は、ここには、官衛役所柏木が、あったから、宮廷から、都人藤原成季

が住んだという

眠ってた、古代の夜須を、掘り起こしたのは、歴史家で、知られる、宮人だった、筑前町に、なってからも、研究は、熱心に、進み、日本の、古代、さえ、語っている。知る人も、いなかった、江戸前期から、日本の開国まで、ネットで、記しているのは、学者、さえ、解らない部分、このまま、進めば、歴史さえ、立証できなく、なると、言いきっている。何と、茶は、茶器さえ、平安の世には、あった、事が、明らかに、なり、不干斎の末裔にも、なるという、のは、驚きである。

                                                           

                          

夜須で、お茶が、たしなまれて、いた?
誰、が、それは、都では、トップの、柏木の君と、呼ばれていた、人で、その地名が、柏木と、付けられていた。では、茶を、運んできたのは、成田成尋と知り合い、藤原成季(秋月祖)、いい、新聞局さえ、取り上げない、ので、ここまで。 2019/7/7

豊臣秀吉自筆茶会客組天正二十年十一月十六日、名護屋城山里草庵の朝、茶席には、茶頭 宗無、茶頭 有楽、茶頭 祐阿弥、茶頭 不干斎、
茶頭 久阿弥の五席が、儲けられた。名護屋城山里丸での座敷ひらき(11月14~17日)
1592(文禄1) 秀吉 肥前名護屋城に 黄金茶室 を運び茶会を催す。
『蒲生氏郷茶日記』(茶の注文書)で、 当時の宇治茶の ..... 慶長6(1601)年、細川三斎は、豊前に知行地300石を与え、茶頭として迎えたそうです。 千道安 .... これは、津田宗及や、信長の家臣・佐久間甚九郎(不干斎)を招いた会だとか。
デジタル大辞泉 - 草庵の用語解説 - 藁(わら)・茅(かや)などで屋根をふいた粗末で小さい家。くさのいおり。
牧村利貞(兵部)の茶会は津田宗及や、信長の家臣・佐久間甚九郎(不干斎)を招き織田信長の安土城下で行われているようです。
松屋久重編の「茶道四祖伝書」では佐久間不干斎(信栄)からの伝聞として「織部は初めは茶の湯が大嫌いであったが、中川清秀にそそのかされて上々の数寄者になった」と記されている。

福岡県朝倉郡筑前町、(旧夜須町)砥上城林遺跡、が、平安時代の城跡だった事を、児島宮文教課が、発表、日本の歴史が、替わるくらいの、成尋上人と、成任(秋月祖)城が、この城林遺跡から、不可解が、晴れた、歴史の大発見 、ケルト人と、漢時代の丑王(ウガヤフキアエズ)との、関連が、相対した。天皇とも、天神裔ともいう 平山の生い立ちが、中国の浙江省、の越王殿、と相似していた。

児島宮歴研会が世界を取り巻く、文明の源を解明したと語った、世紀の再発見の連続 今までの、歴史が、無意味と、なっていく、間違いの、考古学は、ごみか、先走っていた、近代が、全て、無駄だった、と反省。

眠っていた、平安時代が、ここ夜須に、眠りから目をさました。                                                      

眠っていた、平安時代が、ここ夜須に、眠りから目をさました。、(旧夜須町)砥上城林遺跡とは、
砥上山麓の惣利遺跡出土で木製琴が、実は鬼神祭と、判り、横の田の城林遺跡からも、同じ鬼神祭酒杯が田一面に、散乱している事を、夜須町文化財の石井学芸員が、発掘調査で、意味不明として、いる。
聖地筑紫夜須篠隈大木は天孫降臨地也、大木遺跡からは、農業の象形が、きざまれて、有名になっています。
砥上観音図化古墳、の丸象形は、ケルトの、標が、見える。船と星が、かいてある。ここには、ケルトの、語源 · ‎記紀の伝承 · ‎漢語としての「黄泉の国穴と呼ばれる洞窟の記載があり、「人不得 不知深浅也 夢至此 ... 故(かれ)、俗人(くにひと)、古(いにしへ)より今に至るまで、黄泉(よみ)の坂・黄泉(よみ)の穴と号(なづ)く。古事記では黄泉國(よみのくに、よもつくに)と表記される。 葦原中国とつながっているとされるイザナギは死んだ妻・イザナミを追ってこの道を通り、黄泉国に入ったという。筑前町の、文化財課は、役所そのものが、秘密主義の為、伏せている、ので、ここに掲載する。

      1078年頃の越州天目茶碗 上林より、し、出土していた、
                      

夜須には、砥上城林遺跡、から、平安時代の、中国の越州窯の、茶椀が、出土し、成尋上人と、成田成任の、関係が、この、城林遺跡、から、浮かび上がった。「児島宮文教課」遺跡は、平安時代の官衛があった、 郡衙には、郡衙政庁(役人が執務する場所)、正倉(租税として集められた稲などの保管倉庫)、館(宿泊・饗応の役割)、厨(食事を作る場所)などの建物があった模様。郡衙政庁を柏木官衛と、呼ぶ。紫式部に、記す柏木職と相似。
     寛衛二年に、文徳天皇頃、前田臣市成という、人物が、菅原道真の祖となっていて、有名な人物が、あまり知られていない。字、前田は、児島宮の土地まで、続いていた。
砥上城林遺跡、から、平安時代の、中国の越州窯の、茶椀が、出土して、小郡の九歴に、保管された、が、研究は進まず、平安時代に、茶が、あった事が、判る、重要な、中国の越州窯の椀を、解読できるのは、児島宮歴研会、に、あるよう。

[雨竹亭] 【瀬田川梨地石(台座付)】添景 添配 水石 盆栽 盆景 盆石 鑑賞石 雨竹亭の ... 正門である数寄屋門と、この板門は方位学でいう辰巳の線上にあり、“陽の気”を雨竹亭内全域へ導く門としての役目も担っています。

                                                中国宋代作 越州窯 青磁

中国宋代作 越州窯は高台がベタになっている、ものがあるのが、皿に特徴である。

 

ケルト天神ともに共通の名、は夜須にも、共通の名が平山と屛山治城の雲巻き、軒巻き模様、にある事が、ケルト、アイルダンド石塔と相似する。


      

ケルト天神ともに共通の名、は夜須にも、共通の名が平山と屛山治城の雲巻き、軒巻き模様、にある事が、ケルト、アイルダンド石塔が一致した。

 

 神社への各種お問合せにご利用下さい 


 
テーブルランド乗馬倶楽部 総合リンク 大徳寺高桐院 妙心寺智勝院 大覚寺 仁和寺  尊滝院 古美術崎陽 高取八仙窯 杉原姓と  別府大徳美術
 
            
 
 
 
私的使用又は引用等著作権法上認められた行為として、適宜の方法により出所を明示することにより、引用・転載
複製を行うことが出来ます。
児島宮歴史刊行会 
問い合わせ先  
奉賛会 (代表)0946-42-2055  内線 
 

 

 

inserted by FC2 system