豊葦原国譲りから邪馬台国夜須へ、ケルト天神ともに共通の名

 

☆とよあしはら くにゆずりから やまたい くにやすへ ようこそ



           
                                               

 

葦原国から邪馬台国夜須へ                 2019/2/2                   2018発表          2017発表         2016内容 

 トップ移動→ 2019/6/05  1 top     2019/7/12  2top 


天皇と藤原摂関家の関係 それが大事

重要なポイントは「そのときの天皇の母親が、藤原氏の出身かどうか?」。

ほとんどの、天王にあたるのは、重要なポイントは「そのときの天皇の母親が、藤原氏の出身かどうか?」。あまりゐません、  2019/9/22

万世一系は、「越天」の、事です。
他民族は、天王には、なれない、女真人は、他民族。
皇室や宮内庁、など
もっての、他、女真人は、他民族。
秀吉から、関白など、正しく、なかった、以降の天皇家は、正しい天王では、なかった。  


大覚(だいかく、1297年(永仁5年)- 1364年5月5日(貞治3年4月3日))は、南北朝時代の日蓮宗の僧。名は妙実。幼名は高丸。
幼少は大覚大僧正(そうじょう)は、中国の南朝と日本で仏教の僧と尼を統括するために僧侶が任命された官職(僧官)の一つである。大覺寺、亀山上皇の娘、、准三后昭慶門院憙志(じゅんさんこうしょうけいもんいんきし)の方を母代わりとして、この寺奥深くに育てられたと伝えられます。
1342年(康永元年)妙顕寺2世となった。1358年(延文3年)後光厳天皇の命により、雨乞いの祈祷を行い効験が現れた。この功績により、日蓮に大菩薩の号、日朗に菩薩の号、日像に菩薩の号を賜わり、大覚は大僧正に任じられた。その後、大覚は真言宗の福輪寺・良遊と法論して論破し、その寺を改宗させた。これを聞いた松田元喬は、大覚と領内の真言宗の僧を宗論させたところ、真言宗が敗者となり、松田氏は一族をあげて大覚に帰
依した。そのことから、備前法華の祖と仰がれる

大覚大僧正妙實 大覺、諱は妙實、

児島高徳は、備後の林の尊瀧院で父頼宴僧正と妻の、児島範長の娘から、生誕、ここで、児島範長について、知らなければ、見えてきません。
児島高徳は幼少の名は高丸といふ、十三歳まで、京都大覚寺で、亀山上皇の娘の手で育てられ、日蓮の門弟に、感動し、習い、京祇園で日照りの為雨ごい祈祷し、天皇より大覺大僧正の名を与えられたという。備後では、大覺大僧正建立の寺が、多く残る。
児島範長の妻は、善法寺、の娘で、父は紀家弘、佐久間系図でも、和田義盛系図で、出ている。

後嵯峨天皇の皇子。母は西園寺実氏女、中宮・西園寺姞子(大宮院)。后腹では後深草天皇に次ぐ次男。大覚寺統の祖。父母から鍾愛され、兄の後深草天皇を差し置いて治天の君となり、やがて亀山系の大覚寺統と後深草系の持明院統との対立 ... また、後深草上皇の血統(持明院統)とは別に、自らの血統(大覚寺統)の繁栄に力を注ぎ、皇統が分裂して交互に皇位継承。 

八条院(子(しょうし)内親王)が伝領した皇室領。子は、父鳥羽(とば)上皇に寵愛(ちょうあい)され、1140年(保延6)に、その所領12か所と安楽寿院(あんらくじゅいん)領などを譲与された。これらの所領と、1160年(永暦1)生母美福門院(びふくもんいん)(藤原得子(とくし))の死に伴って継承した遺領とをあわせ、その総計は230か所に上った。庁分(ちょうぶん)79、安楽寿院領48、歓喜光院(かんぎこういん)領26、蓮花心院(れんげしんいん)領15、智恵光院(ちえこういん)領5、真如院(しんにょいん)領10、弘誓寺(ぐせいじ)領8、禅林寺今熊野(いまくまの)社領3、新御領2、京御領21ならびに御祈祷所(ごきとうしょ)4か所などが、その構成である。
 1155年(久寿2)弟近衛(このえ)天皇の死後、子を女帝として擁立しようとする動きもあり、以後も、膨大な所領を基礎にして政界に隠然たる勢力を有した。
1274年(文永11),81年(弘安4)にモンゴルの襲来があり,上皇は身をもって国難に殉ぜんとの祈願を伊勢神宮にささげた。
亀山上皇は娘に、高丸を、天皇にするようにと、遺言していたが、果たしていなかった。

昭慶門院の用語解説 - 1270-1324 鎌倉時代,亀山天皇の皇女。文永7年生まれ。母は藤原雅平の娘雅子。永仁(えいにん)元年内親王となり,4年院号をあたえられる。

亀山天皇の御威訓にも記されており、高丸の養育はこの亀山天皇によったとされている。 大覚大僧正が高徳で有ると知れるのは、 寺の瓦に見られる十六葉菊紋で、これは高徳の紋であると同時に、天孫を意味する、十六葉菊紋はメソポタミアより始まっている。

「大覚大僧正」と尊称されています、妙実聖人(1297~1364)について
この紋章で判る。十六葉菊紋と恒性皇子=児島高徳にしか該当しない。
現在では、「近衛家縁故のご出身である」とする説が通説となっています。

嵯峨の大覚寺(真言宗大覚寺派の大本山)に入られ、准三后昭慶門院憙志(じゅんさんこうしょうけいもんいんきし)の方を母代わりとして、この寺奥深くに育てられたと伝えられます。
ここにも表わされていた准三后昭慶門院との、関係と云えば、亀山天皇の御威訓にも記されており、高丸の養育はこの亀山天皇によったとされている。

大覚大僧正が高徳で有ると知れるのは、
寺の瓦に見られる十六葉菊紋で、これは高徳の紋であると同時に、天孫を意味する、十六葉菊紋はメソポタミアより始まっている。
意味もなくこの十六葉菊紋を使用するのは例え天皇家であっても許されないのである。
これは後鳥羽院ゆかりの、十六葉菊紋であり他家では、取り扱えない紋章となっている。
この恒性皇子の足跡は?
それは「太平記」の作者と読取れよう。
「児島法師」「太平記」の作者
新田義貞が恒良親王を奉じて北陸へ退くようになると、高徳は義貞に従って北陸へ赴く

亀山天皇の皇女・昭慶門院喜子の猶子とし、正中元年(1324)に喜子が死去すると和泉若松以下18ヶ所の領地を相続させています。ここに北畠親房の動きが、見られ、 昭慶門院一期の後は、その所領は昭訓門院所生の恒性親王(1303~1351.49歳)に譲与するように明確に ...

亀山天皇から甲斐(かい),越前(えちぜん)などのおおくの荘園を譲与された。元亨(げんこう)4年3月12日死去。55歳。名は憙子(きし)。法名は清浄源

八条院領【はちじょういんりょう】


鳥羽天皇と美福門(びふくもん)院との皇女八条院【しょう】子(しょうし)が,主として父母から伝領した荘園群。庁分と安楽寿(あんらくじゅ)院・歓喜光(かんぎこう)院・蓮華心(れんげしん)院などの御願寺(ごがんじ)領を含む200ヵ所以上にのぼり,後鳥羽天皇皇女の春華門(しゅんかもん)院,順徳天皇,後鳥羽天皇,後高倉(ごたかくら)院,安嘉門(あんかもん)院を経て大覚寺統の亀山天皇,後醍醐天皇に伝領された。

死後、遺領の多くは後鳥羽(ごとば)天皇の皇女春華門院(しゅんかもんいん)(昇子(しょうし)内親王)が伝領した。春華門院の死後、八条院領は、順徳(じゅんとく)天皇から後鳥羽天皇へと伝えられ、承久(じょうきゅう)の乱(1221)に際して一時鎌倉幕府に没収されたが、のち後高倉(ごたかくら)上皇(守貞(もりさだ)親王)に付された。以後、院領は、安嘉門院(あんかもんいん)(邦子内親王)から亀山(かめやま)上皇へ、さらに後宇多(ごうだ)上皇・恒明(つねあきら)親王へと伝領され、大覚寺統の重要な経済基盤となった。後宇多上皇領は、のち昭慶門院(しょうけいもんいん)(憙子(きし)内親王)から尊治(たかはる)親王(後醍醐(ごだいご)天皇)に伝えられた。

高丸(幼名児島高徳)を養育昭慶門院が、したのは、「太平記」が、書かれた?越王勾践等々で判る。
ネットにより改竄されているのが、高丸(幼名児島高徳)を詳しく、養育昭慶門院が書かれていない事にある。近年まで、改竄されていたのは明治まで、児島高徳が伝説とされている事に見える
ウガヤの子が神武天皇初代である事は、日本でも、前から知られていた、が、天皇の始まりが、今でも、解明には、至っては、いない。

ここで重要な手がかりは、今でも、説明には、至っては、いない?
今でもネット上では、「日本とケルトの、関係」は、説かれては、いない?
児島宮教学部では、越人に、関わる調査を、探して、岡山の児島林の、児島高徳について、探索の旅を、行った。熊野神宮の神官からも、お話しを伺った、それは照合にあり、ここにも八尾稲荷神社や黒田神社について、説明いただいた。吉備津神社では、神官の貝原氏の家紋について、お尋ねしたが、照合には至らなかった。
岡山城では、児島宮との関係を、佐久間不干斎に見られ、天神町の磐余と佐久間甚九郎稲荷の語源の一致を、確認できた。
甚九郎稲荷の語源の一致が、屋根に、見えた鳳凰が、越国の象徴ではあった。
又岡山城では甚九郎家の十六葉菊紋が、古代を物語っていた。

ここからは、ケルトと、「児島高徳の太平記」の、繋がりで、天皇家は、越王勾践から始まっていて、ビン越の無渚子の丑王が八尾王であることは、ビン越で検索すれば、見える。 この丑王が八尾王が?漢の武帝により、国を失い、住民十万人と、東夷に移動したのが、遺跡の照合で、児島宮教学部 が解明した。
ここに日本と天皇と、ケルトの関係は、児島宮教学部しか、解明は出来ない。
児島宮教学部しか、解明は出来ないに、ついて、
児島宮には、口伝しか、ありませんので、立証は、出来ません。


見い出して、いた、ポルトガル、イエズス、と、神の差は、、古代ケルト人にあると、解読していた、ハビアンに、ザビエルは、困った 2019/8/7

地域から古代ケルト人などの様々な民族がポルトガルに移住し、こうした移住者はポルトガル文化の成長に寄与した。児島宮文教課
世界の神は、日本に集約していた、それは華夏人が、夜須に、移ってきて、夜須の地に、ケルト人の、足跡が、あると、児島宮文教課が、解明した。
歴博も、遅れていた、日本人の、足跡が、あると、今村峰雄教授に、伝えて、いたが、歴博は、この事には、本気に、しなかったので、古代史解明が、出来なかった。全て白紙になった、歴博は、何故調査、しなかったか? これは、日本史の汚点となった、東大はメソポタミア、には、昔調査に、いっていたが、日本との相似には、たどらず、行き付けなかった、ようである。やり直さなければ、不可能となる。根源のないと、何も見えては、こない。イギリス、スイス、ハルシュタット、フランス、イタリア、の、ケルト人の、足跡は、ビン越に、集まり、無渚の子、丑王が、紀元前百十一年、夜須に移り、ウガヤと、夏王朝の、鵜を、名乗っていた。と、歴博の、峰雄氏に、伝えた。
不干斎とザビエル、ルイスフロイス、は、書き記した、文は、天草で印刷機で、本に、仕上げ、ギリシャへ、もちかえったと、そして、今は英国博物館の所蔵と、なっていると、いう。それは、日本との相似が、ハビアンに、よって、解読できる、ように、なっている。
ザビエルも困った「キリスト教」の矛盾を突く日本人

ローマ以前のイベリアの諸民族は、ルシタニアのルシタニ人、ガリシアのガリシア人、アレンテージョ、アルガルヴェのケルト人の一派などがいる。 ポルトガル語がラテン語に由来することから分かる ...
ケルト人が造った要塞であったり住居であった遺跡は”カストロ(Castro)” と呼ばれ、特にポルトガル北部やスペイン北西端のガリシア州の多くみられます。
「フランス人」の大部分はケルトの血を引くそうです ケルト人と言われていますが、フランスではゴール人、イタリアではガリア人、ギリシャではガラタイ人、アイルランドではゲール人など様々な呼ばれ方をしています。
古来のイベロ人にケルト人、フェニキア人、ゲルマン人、ローマ人などが混じり合いポルトガル人が形成された 
ケルト人というのは「ヨーロッパ先住民」と言われている。今の英語・ドイツ語の祖先であるゲルマン語族や、フランス語・スペイン語などの祖にあたるラテン語、さらには東欧一帯に広がるスラヴ語族などは西暦紀元の頃やそれ以降の数世紀間に広まって定着したもので、それ以前は今となっては何語かも分からない様々な言語が話されていたらしい。ケルト語やスペインのバスク語、コーカサスのグルジア語、そしてリトアニア、ラトヴィアなどのバルト語はそうした「ヨーロッパ先住民」の言語の一派だった可能性がある。

日本が、発展して、いったのは、桃山時代の、佐久間信盛父子、と、祭、神と、甚句式、が、民衆に、解け混んだのに、歌舞伎、相撲、万歳、楽市楽座、と、神、の、つながり、に、始まって、いった。この繋がりが、児島宮文教課と、なっている。

伊勢は歴史、と、神と、関係、して、いなかった。根拠が、何も、見えない。


平安中期の夜須砥上と三牟田の官衛の様子が、見えてきた、その。、位置は、大宰府線バイパス沿いの三牟田柏木から、西方の於て紋に、官舎が、あり、字玉虫の柏木字前田に、文化財の看板、あり、ここが、西方の倉庫が多っていた事が、調査で、越州窯の茶椀が、出土しており、ここで、作業員が、食事を、とっていた事が、判った。三牟田と上林の、間には、小山があって、城が、あったと、砥上の老婆は、語っていた。この地の、松澤氏は、佐賀、龍造寺隆信の、末裔で、ある事は、間違いない、ここから、この、龍造寺隆信の時期が、官衛と、一致しているとは、考えられない。

官衛施設は、鎌倉期には、役目を、終えていたのだろう。郡衙(ぐんが)は、日本の古代律令制度の下で、の官人(郡司)が政務を執った役所である。国府とともに地方における官衙施設で、郡家(ぐうけ・ぐんげ・こおげ・こおりのみやけ)とも表記され、考古学では郡衙、史料上(歴史学)では郡家と表記される傾向がある。 国府と郡衙間、または郡衙と郡衙間を結ぶ古代の交通体系や、9世紀後半頃、国司の権限が大幅に強化され、受領化するとともに、郡司の権限は大幅に縮小され、全国的に郡衙が衰退したことがわかってきている。 東西54メートル、南北114メートルの区画内に庁屋(ちょうのや)・副屋(そうのや)・向屋(むかいや)があり、倉庫群跡も確認された。奈良時代後半から平安初期までに4回の変遷があった。遺跡は大部分破壊されてしまっている。 

          

というこの越州窯の磁器は、玉虫柏木、倉庫付近から、採集したもので、官衛時代1150年を、表している。いつ越州窯が、運ばれていたのか、わかろう。鴻臚館の、頃に、唐人が、はこんで、いた事が、判る。


  

平安時代に、夜須で、お茶が、たしなまれて、いた事を、つき止めた、平山は、ここには、官衛役所柏木が、あったから、宮廷から、都人藤原成季

が住んだという 

眠ってた、古代の夜須を、掘り起こしたのは、歴史家で、知られる、宮人だった、筑前町に、なってからも、研究は、熱心に、進み、日本の、古代、さえ、語っている。知る人も、いなかった、江戸前期から、日本の開国まで、ネットで、記しているのは、学者、さえ、解らない部分、このまま、進めば、歴史さえ、立証できなく、なると、言いきっている。何と、茶は、茶器さえ、平安の世には、あった、事が、明らかに、なり、不干斎の末裔にも、なるという、のは、驚きである。

                                                           

                          

夜須で、お茶が、たしなまれて、いた?
誰、が、それは、都では、トップの、柏木の君と、呼ばれていた、人で、その地名が、柏木と、付けられていた。では、茶を、運んできたのは、成田成尋と知り合い、藤原成季(秋月祖)、いい、新聞局さえ、取り上げない、ので、ここまで。 2019/7/7

豊臣秀吉自筆茶会客組天正二十年十一月十六日、名護屋城山里草庵の朝、茶席には、茶頭 宗無、茶頭 有楽、茶頭 祐阿弥、茶頭 不干斎、
茶頭 久阿弥の五席が、儲けられた。名護屋城山里丸での座敷ひらき(11月14~17日)
1592(文禄1) 秀吉 肥前名護屋城に 黄金茶室 を運び茶会を催す。
『蒲生氏郷茶日記』(茶の注文書)で、 当時の宇治茶の ..... 慶長6(1601)年、細川三斎は、豊前に知行地300石を与え、茶頭として迎えたそうです。 千道安 .... これは、津田宗及や、信長の家臣・佐久間甚九郎(不干斎)を招いた会だとか。
デジタル大辞泉 - 草庵の用語解説 - 藁(わら)・茅(かや)などで屋根をふいた粗末で小さい家。くさのいおり。
牧村利貞(兵部)の茶会は津田宗及や、信長の家臣・佐久間甚九郎(不干斎)を招き織田信長の安土城下で行われているようです。
松屋久重編の「茶道四祖伝書」では佐久間不干斎(信栄)からの伝聞として「織部は初めは茶の湯が大嫌いであったが、中川清秀にそそのかされて上々の数寄者になった」と記されている。

福岡県朝倉郡筑前町、(旧夜須町)砥上城林遺跡、が、平安時代の城跡だった事を、児島宮文教課が、発表、日本の歴史が、替わるくらいの、成尋上人と、成任(秋月祖)城が、この城林遺跡から、不可解が、晴れた、歴史の大発見 、ケルト人と、漢時代の丑王(ウガヤフキアエズ)との、関連が、相対した。天皇とも、天神裔ともいう 平山の生い立ちが、中国の浙江省、の越王殿、と相似していた。

児島宮歴研会が世界を取り巻く、文明の源を解明したと語った、世紀の再発見の連続 今までの、歴史が、無意味と、なっていく、間違いの、考古学は、ごみか、先走っていた、近代が、全て、無駄だった、と反省。

眠っていた、平安時代が、ここ夜須に、眠りから目をさました。                                                      

眠っていた、平安時代が、ここ夜須に、眠りから目をさました。、(旧夜須町)砥上城林遺跡とは、
砥上山麓の惣利遺跡出土で木製琴が、実は鬼神祭と、判り、横の田の城林遺跡からも、同じ鬼神祭酒杯が田一面に、散乱している事を、夜須町文化財の石井学芸員が、発掘調査で、意味不明として、いる。
聖地筑紫夜須篠隈大木は天孫降臨地也、大木遺跡からは、農業の象形が、きざまれて、有名になっています。
砥上観音図化古墳、の丸象形は、ケルトの、標が、見える。船と星が、かいてある。ここには、ケルトの、語源 · ‎記紀の伝承 · ‎漢語としての「黄泉の国穴と呼ばれる洞窟の記載があり、「人不得 不知深浅也 夢至此 ... 故(かれ)、俗人(くにひと)、古(いにしへ)より今に至るまで、黄泉(よみ)の坂・黄泉(よみ)の穴と号(なづ)く。古事記では黄泉國(よみのくに、よもつくに)と表記される。 葦原中国とつながっているとされるイザナギは死んだ妻・イザナミを追ってこの道を通り、黄泉国に入ったという。筑前町の、文化財課は、役所そのものが、秘密主義の為、伏せている、ので、ここに掲載する。

      1078年頃の越州天目茶碗 上林より、し、出土していた、この天目茶碗撮影の画像は、津古の九州歴史資料館、蔵の許可の提供による
                      

夜須には、砥上城林遺跡、から、平安時代の、中国の越州窯の、茶椀が、出土し、成尋上人と、藤原成季の、関係が、この、城林遺跡、から、浮かび上がった。「児島宮文教課」遺跡は、平安時代の官衛があった、 郡衙には、郡衙政庁(役人が執務する場所)、正倉(租税として集められた稲などの保管倉庫)、館(宿泊・饗応の役割)、厨(食事を作る場所)などの建物があった模様。郡衙政庁を柏木官衛と、呼ぶ。紫式部に、記す柏木職と相似。
     寛衛二年に、文徳天皇頃、前田臣市成という、人物が、菅原道真の祖となっていて、有名な人物が、あまり知られていない。字、前田は、児島宮の土地まで、続いていた。
砥上城林遺跡、から、平安時代の、中国の越州窯の、茶椀が、出土して、小郡の九歴に、保管された、が、研究は進まず、平安時代に、茶が、あった事が、判る、重要な、中国の越州窯の椀を、解読できるのは、児島宮歴研会、に、あるよう。

[雨竹亭] 【瀬田川梨地石(台座付)】添景 添配 水石 盆栽 盆景 盆石 鑑賞石 雨竹亭の ... 正門である数寄屋門と、この板門は方位学でいう辰巳の線上にあり、“陽の気”を雨竹亭内全域へ導く門としての役目も担っています。

                                                中国宋代作 越州窯 青磁

中国宋代作 越州窯は高台がベタになっている、ものがあるのが、皿に特徴である。

 

ケルト天神ともに共通の名、は夜須にも、共通の名が平山と屛山治城の雲巻き、軒巻き模様、にある事が、ケルト、アイルダンド石塔と相似する。


      

ケルト天神ともに共通の名、は夜須にも、共通の名が平山と屛山治城の雲巻き、軒巻き模様、にある事が、ケルト、アイルダンド石塔が一致した。

楚国の劉邦を、助けた、無渚は(簫)とは、なんでしょう、と、名乗っていたという。無渚とは、隠して、いたようで、劉邦を、捕捉していたという。これで、(簫)氏の軍隊なんでしょうを、劉邦の戦いに、出していたので、後に、ヨーロッパから、ケルトを、呼び戻して、治城を、創建した。これが、ビン越の、由来。てんのうの、元祖と、なっていた。治城から出土、上の雲巻き軒瓦は、奈良より、発見の神武の宮殿から、出土。左上は、イングランドのケルト塔の模様、

 

 神社への各種お問合せにご利用下さい 


 
テーブルランド乗馬倶楽部 総合リンク 大徳寺高桐院 妙心寺智勝院 大覚寺 仁和寺  尊滝院 古美術崎陽 高取八仙窯 杉原姓と  別府大徳美術
 
            
 
 
 
私的使用又は引用等著作権法上認められた行為として、適宜の方法により出所を明示することにより、引用・転載
複製を行うことが出来ます。
児島宮歴史刊行会 
問い合わせ先  
奉賛会 (代表)0946-42-2055  内線 
 

 

 

inserted by FC2 system