豊葦原国譲りから邪馬台国夜須へ、ケルト天神ともに共通の名

 

☆とよあしはら くにゆずりから やまたい くにやすへ ようこそ

葦原国から邪馬台国夜須へ


 2019/12    トップ移動2019/7/12   2019/6/05top     2019/2/2         2018発表   2017発表      2016年発表  

 


天皇と藤原摂関家の関係 それが大事

重要なポイントは「そのときの天皇の母親が、藤原氏の出身かどうか?」。

ほとんどの、天王にあたるのは、重要なポイントは「そのときの天皇の母親が、藤原氏の出身かどうか?」。あまりゐません、  2019/9/22

万世一系は、「越天」の、事です。
他民族は、天王には、なれない、女真人は、他民族。
皇室や宮内庁、など
もっての、他、女真人は、他民族。
秀吉から、関白など、正しく、なかった、以降の天皇家は、正しい天王では、なかった。  


児島宮だより

2019/12/25 13:22

   国家政府が、ひっくり返るほどの、秘密が、児島宮(児島屋敷にはあった、隠されていた、日本の歴史が、明らかに

黒田長政が児島宮の関係は、篠隈、大善街松の、名が、ある事で、知れるが、何処を、通って児島宮に、来ていたが、知られていなかった?児島宮の弟が、秋月の、初代助九郎長興で、あったので、朝倉の秋月街道というのが、あります、松延池を、二百メートル過ぎると、篠隈に、其処に、火の身視やぐら、が、あり、この前に、御前道、が、児島屋敷のへ向かう通りが、今も、苔けむし、ていますが、一メートル五十の幅の、児島屋敷直線通路を、駕篭で、来ていたという。大善松の由来に、なっていたのは、栗山大膳や家来が松の木の下で、殿の帰りを、待っていたから、名が、残っていた、事で真実が、伺えよう。児島屋敷には、この時の、黒田藩御用絵師、尾形幽玄の、掛け軸が、福岡大の小林法子教授、に、作成され、中央公論社発行に、見る事が、できる。
児島宮(児島屋敷)と、黒田家とは、どのような、関係があったのか、夜須町の時も、役場は、公開も、しなかったのは、児島屋敷を、隠蔽し、知られたくない、何かの事情が、あった? 今も、児島屋敷が世間に、地元さえ、、知られていいない、のは、大きな秘密が、隠されていた。国家に及ぶ、児島宮秘密ある。(児島屋敷)天孫降臨地が、篠隈に、存在しているからで、ある。天孫とは、神様、天神の事を、いいます。
ここが、国さえも、隠す、秘密である。国家が、ひっくり返るほどの、秘密が、児島宮(児島屋敷には、ある。
児島宮(児島屋敷には、明治政府が、隠した? 重大な、日本史が、正確には、書かれて、いなかった?
廃藩置県は、何故行ったのか? ここに、秘密が、隠されていた事が、秘められている?
明らかにしても、二百年の月日は、日本史が、消えた時であった? 偽造の明治~現在までの、隠された、秘密が、児島宮(児島屋敷である。

「夜須町の時も、役場は、公開も、しなかったのは、
児島屋敷を、隠蔽し、知られたくない、何かの事情が、あった?

公開も、しなかったのは、児島屋敷は、日本の神さまで、ある、又は天神さまとも、いう。
天神さまは、古、中国の夏王朝の、七代、無予が、越国(安吉、現在の浙江省)を、開いた、のは、ネットで、公開してきたので、その天神さまが、今の児島宮に裔が、座している。
児島宮は、元祖、後鳥羽上皇の子、頼任親王が、備後の児島に、承久の乱で、送られたので、児島宮とされた。
後鳥羽上皇に、まつわる、天皇と、いわれる、日本の、初代、ウガヤ(丑王」の四男が、神武天皇となる。ここが、児島宮、即ち、日本の天皇の明かし、になる。
後鳥羽上皇の子、と、裔は、仙台伊達九代、政宗の妹と、藤原満盛妻と、あり、桃山期伊達政宗の娘が、福岡県柳川、お花に、室となっていた、児島宮にも、お花の当主が、遠戚と、訪ねられ、この時は、お花の、祭りにも、出席している。ここで、仙台伊達九代と、児島宮の関り、を、お話ししましょう。仙台伊達九代の、室に、始まる、土御門家は、後鳥羽上皇の子、順徳天皇に、始る、家系で、児島宮の関り、遠戚にあたる。桃山期の佐久間不干斎と、伊達政宗公に、添えた書状が、残っている。これは、児島宮の関り、遠戚にあたる。岡山の宇喜多氏も、不干斎が、岡山に、入って、それが今の、甚九郎稲荷神社が、建てられた、由来が、児島高徳の裔に、なっている、事が判る。
これは、児島宮と、世界、全国の神様の、総本社に、なっている、事が、筑前町も、隠している、神を、隠蔽、している、秘密である。
これを、日本人が、知れれば、日本が、政府が、ひっくり、変えるだろう? 捏造で、包まれていた、明治以降〜現代まで、国民は、知らなかった、日本の弧史である。


ケルトとは何か

ケルトの意味はインド-ヨーロッパ語族に属する民族のこと、よそものの意  2019/11/16

世紀頃までアルプス以北ヨーロッパ大部分バルカンまで広範囲に住んだ民族インド-ヨーロッパ語族属す)。やがてローマ支配下入りゲルマン圧迫され、次第衰退し、現在はアイルランド・スコットランド・ウェールズ・ブルターニュなどに散在。独特の妖精伝説神話民話で知られる。神話神々は、人間妖精と自由に交渉し、神・人鳥獣がさまざまに転身するといった流動的存在として語られる。その底には霊魂不滅生命転生思想とがみられる。「ケルト神話」は、古代ヨーロッパに広く居住していたケルト人の神話です。

神集いとは、そろう、ケルト人とは一体どこに居住していたか、それを、知るには、相当な面積を占める部分で生活していた人々ということになります。けると人は、前二世紀には、姿を、消した、とあり、その後、ケルト人と、見られる、模様から、ビン越の、起こりと、なっていたのが、児島宮歴妍会調査に、よって、漢の武帝の時、東夷海の中に、移ったという、ことで、夜須のはじまり、から、北部九州に、痕跡が、見つかり、神も、おいたちと、重なり、農業の倉庫も、下町遺跡、柏木遺跡、筑前官衛遺跡が、地名として残り、伝わっていた。下町遺跡からは、後漢の。、銅鏡も、出土し、児島宮歴妍会では、筑前町教育委員会、文化財課に、伝えているが、関心が薄い。柏木遺跡は、越州窯の、磁器、須恵器存在が、確認できた。この、越州とは、ケルトとともに、越、安吉、竜山、と、される、国が、現在の浙江省である。古代越国の王侯級陵墓、中国浙江省で見つかる 写真8枚

浙江省湖州市安吉県の春秋戦国時代(紀元前770年~紀元前221年)の4つの古窯がこのほど出土した。この古窯と周辺状況については、現在も調査中だ。古窯のすべての状況を整理してから、関連部門は一部の古窯の発掘と研究を進め、その他の古窯に対して保護措置を講じることになる。中国新聞網が伝えた。
 古窯が発見されたのは、安吉県開発区(遞鋪街道)古城村。

これらは安吉古城遺跡の「竜山越国貴族墓群」の一部に当たる。古代国の王侯級陵墓、浙江省で見つかる 10月31日、安吉県の竜山107号古墓の主墓から出土したトルコ石の装飾品と玉の 
【11月5日 Xinhua News】中国春秋時代後期の越王・句践(Gou Jian、こうせん)による「臥薪嘗胆(がしんしょうたん)」の故事は日本でもよく知られるが、
中国東南部の沿海地域にあった越国の歴史は、いまだ多くの謎に包まれている。しかしこのほど、考古学者による3年余りの調査により、
浙江省(Zhejiang)湖州市(Huzhou)安吉県(Anji)で越国の上級貴族のものと思われる陵墓が初めて発見された。
少なくとも2500年以上前のもので、句践が没したとされる紀元前465年よりも古いという。

中国の多くの考古学者は、同陵墓が君主クラスの墓である可能性を指摘。今回の発見は越文化の研究だけでなく、中国帝王陵墓の制度の研究にも役立つとの認識を示した。その影響は日本にも伝わったとする意見もある。
陵墓は安吉県逓舗(Dipu、ていほ)街道古城村で見つかった。地上に盛り土をした大型の土墩墓(どとんぼ)で、周りには三十数基の陪葬墓が配置されており、
その外側には長さ630メートル、幅21~23メートル、深さ1.4~1.7メートルの空堀がめぐらされていた。これらは安吉古城遺跡の「竜山越国貴族墓群」の一部に当たる。  
遺跡からは土器や磁器、玉器、石器などの副葬品346点が出土した。
主墓の発掘では東西方向に甲字形をした坑道を発見。墓口は長さ15メートルで幅5メートル、墓道は西に開口し、全長9メートル、幅2.5~2.7メートルであることが分かった。

主墓の北側には長さ23メートル、幅1メートル以上の器物坑も見つかった。中には印紋土器と原始磁器が整然と置かれていた。
発掘を主管した同研究所の田正標(Tian Zhengbiao)研究館員によると、器物坑はこれまで発掘された越国墓の中でも規模が最大で、
一部の印紋陶器には動物の骨や貝殻が残されているなど極めて研究価値が高いという。

考古学者は、多くの証拠をもとに主墓の年代を春秋後期、被葬者の身分を王侯クラスの越国の大貴族と特定した。
主墓の造営年代は、句践の父で最初に越王を称した允常(Yun Chang)のものとされる紹興(Shaoxing)の印山大墓よりも古いとされた。
北京大学(Peking University)の徐天進(Xu Tianjin)教授や中国国家博物館の信立成(Xin Licheng)研究員、江蘇省(Jiangsu)文物考古研究所の林留根(Lin Liugeng)所長らは、
今回見つかった墓の主人も越国君主または王クラスの人物ではないかと推測している。

墓は古代中国の南方で長く用いられた埋葬方式の一つ。地下水位が浅いため、古代の人々は地面に高く盛り土をし、そこに墓穴を掘った。

林氏は、江南地方に土墩墓は多いが、呉越両国の王クラスの墓は少ないと指摘。呉王墓はいまだ発見されておらず、
越王墓もこれまで確認されたのは印山大墓のみだと説明した。「八畝墩」大型墓は印山に続く重要な発見だという。

訪問学者として日本に滞在したことのある学者は、視野をさらに東アジア一帯まで広げている。
四川省(Sichuan)考古研究院の高大倫(Gao Dalun)元院長と中国考古学会の王巍(Wang Wei)理事長は、
同陵墓の造営方式が古代日本の幾つかの陵墓に似ているという考えに期せずして一致した。
両氏は同陵墓の発見が古代越文化の外部伝播の証明になるのではないかと推測する
掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。



      

大覚(だいかく、1297年(永仁5年)- 1364年5月5日(貞治3年4月3日))は、南北朝時代の日蓮宗の僧。名は妙実。幼名は高丸。
幼少は大覚大僧正(そうじょう)は、中国の南朝と日本で仏教の僧と尼を統括するために僧侶が任命された官職(僧官)の一つである。大覺寺、亀山上皇の娘、、准三后昭慶門院憙志(じゅんさんこうしょうけいもんいんきし)の方を母代わりとして、この寺奥深くに育てられたと伝えられます。
1342年(康永元年)妙顕寺2世となった。1358年(延文3年)後光厳天皇の命により、雨乞いの祈祷を行い効験が現れた。この功績により、日蓮に大菩薩の号、日朗に菩薩の号、日像に菩薩の号を賜わり、大覚は大僧正に任じられた。その後、大覚は真言宗の福輪寺・良遊と法論して論破し、その寺を改宗させた。これを聞いた松田元喬は、大覚と領内の真言宗の僧を宗論させたところ、真言宗が敗者となり、松田氏は一族をあげて大覚に帰
依した。そのことから、備前法華の祖と仰がれる

大覚大僧正妙實 大覺、諱は妙實、

児島高徳は、備後の林の尊瀧院で父頼宴僧正と妻の、児島範長の娘から、生誕、ここで、児島範長について、知らなければ、見えてきません。
児島高徳は幼少の名は高丸といふ、十三歳まで、京都大覚寺で、亀山上皇の娘の手で育てられ、日蓮の門弟に、感動し、習い、京祇園で日照りの為雨ごい祈祷し、天皇より大覺大僧正の名を与えられたという。備後では、大覺大僧正建立の寺が、多く残る。
児島範長の妻は、善法寺、の娘で、父は紀家弘、佐久間系図でも、和田義盛系図で、出ている。

後嵯峨天皇の皇子。母は西園寺実氏女、中宮・西園寺姞子(大宮院)。后腹では後深草天皇に次ぐ次男。大覚寺統の祖。父母から鍾愛され、兄の後深草天皇を差し置いて治天の君となり、やがて亀山系の大覚寺統と後深草系の持明院統との対立 ... また、後深草上皇の血統(持明院統)とは別に、自らの血統(大覚寺統)の繁栄に力を注ぎ、皇統が分裂して交互に皇位継承。 

八条院(子(しょうし)内親王)が伝領した皇室領。子は、父鳥羽(とば)上皇に寵愛(ちょうあい)され、1140年(保延6)に、その所領12か所と安楽寿院(あんらくじゅいん)領などを譲与された。これらの所領と、1160年(永暦1)生母美福門院(びふくもんいん)(藤原得子(とくし))の死に伴って継承した遺領とをあわせ、その総計は230か所に上った。庁分(ちょうぶん)79、安楽寿院領48、歓喜光院(かんぎこういん)領26、蓮花心院(れんげしんいん)領15、智恵光院(ちえこういん)領5、真如院(しんにょいん)領10、弘誓寺(ぐせいじ)領8、禅林寺今熊野(いまくまの)社領3、新御領2、京御領21ならびに御祈祷所(ごきとうしょ)4か所などが、その構成である。
 1155年(久寿2)弟近衛(このえ)天皇の死後、子を女帝として擁立しようとする動きもあり、以後も、膨大な所領を基礎にして政界に隠然たる勢力を有した。
1274年(文永11),81年(弘安4)にモンゴルの襲来があり,上皇は身をもって国難に殉ぜんとの祈願を伊勢神宮にささげた。
亀山上皇は娘に、高丸を、天皇にするようにと、遺言していたが、果たしていなかった。

昭慶門院の用語解説 - 1270-1324 鎌倉時代,亀山天皇の皇女。文永7年生まれ。母は藤原雅平の娘雅子。永仁(えいにん)元年内親王となり,4年院号をあたえられる。

亀山天皇の御威訓にも記されており、高丸の養育はこの亀山天皇によったとされている。 大覚大僧正が高徳で有ると知れるのは、 寺の瓦に見られる十六葉菊紋で、これは高徳の紋であると同時に、天孫を意味する、十六葉菊紋はメソポタミアより始まっている。

「大覚大僧正」と尊称されています、妙実聖人(1297~1364)について
この紋章で判る。十六葉菊紋と恒性皇子=児島高徳にしか該当しない。
現在では、「近衛家縁故のご出身である」とする説が通説となっています。

嵯峨の大覚寺(真言宗大覚寺派の大本山)に入られ、准三后昭慶門院憙志(じゅんさんこうしょうけいもんいんきし)の方を母代わりとして、この寺奥深くに育てられたと伝えられます。
ここにも表わされていた准三后昭慶門院との、関係と云えば、亀山天皇の御威訓にも記されており、高丸の養育はこの亀山天皇によったとされている。

大覚大僧正が高徳で有ると知れるのは、
寺の瓦に見られる十六葉菊紋で、これは高徳の紋であると同時に、天孫を意味する、十六葉菊紋はメソポタミアより始まっている。
意味もなくこの十六葉菊紋を使用するのは例え天皇家であっても許されないのである。
これは後鳥羽院ゆかりの、十六葉菊紋であり他家では、取り扱えない紋章となっている。
この恒性皇子の足跡は?
それは「太平記」の作者と読取れよう。
「児島法師」「太平記」の作者
新田義貞が恒良親王を奉じて北陸へ退くようになると、高徳は義貞に従って北陸へ赴く

亀山天皇の皇女・昭慶門院喜子の猶子とし、正中元年(1324)に喜子が死去すると和泉若松以下18ヶ所の領地を相続させています。ここに北畠親房の動きが、見られ、 昭慶門院一期の後は、その所領は昭訓門院所生の恒性親王(1303~1351.49歳)に譲与するように明確に ...

亀山天皇から甲斐(かい),越前(えちぜん)などのおおくの荘園を譲与された。元亨(げんこう)4年3月12日死去。55歳。名は憙子(きし)。法名は清浄源

八条院領【はちじょういんりょう】


鳥羽天皇と美福門(びふくもん)院との皇女八条院【しょう】子(しょうし)が,主として父母から伝領した荘園群。庁分と安楽寿(あんらくじゅ)院・歓喜光(かんぎこう)院・蓮華心(れんげしん)院などの御願寺(ごがんじ)領を含む200ヵ所以上にのぼり,後鳥羽天皇皇女の春華門(しゅんかもん)院,順徳天皇,後鳥羽天皇,後高倉(ごたかくら)院,安嘉門(あんかもん)院を経て大覚寺統の亀山天皇,後醍醐天皇に伝領された。

死後、遺領の多くは後鳥羽(ごとば)天皇の皇女春華門院(しゅんかもんいん)(昇子(しょうし)内親王)が伝領した。春華門院の死後、八条院領は、順徳(じゅんとく)天皇から後鳥羽天皇へと伝えられ、承久(じょうきゅう)の乱(1221)に際して一時鎌倉幕府に没収されたが、のち後高倉(ごたかくら)上皇(守貞(もりさだ)親王)に付された。以後、院領は、安嘉門院(あんかもんいん)(邦子内親王)から亀山(かめやま)上皇へ、さらに後宇多(ごうだ)上皇・恒明(つねあきら)親王へと伝領され、大覚寺統の重要な経済基盤となった。後宇多上皇領は、のち昭慶門院(しょうけいもんいん)(憙子(きし)内親王)から尊治(たかはる)親王(後醍醐(ごだいご)天皇)に伝えられた。

高丸(幼名児島高徳)を養育昭慶門院が、したのは、「太平記」が、書かれた?越王勾践等々で判る。
ネットにより改竄されているのが、高丸(幼名児島高徳)を詳しく、養育昭慶門院が書かれていない事にある。近年まで、改竄されていたのは明治まで、児島高徳が伝説とされている事に見える
ウガヤの子が神武天皇初代である事は、日本でも、前から知られていた、が、天皇の始まりが、今でも、解明には、至っては、いない。

ここで重要な手がかりは、今でも、説明には、至っては、いない?
今でもネット上では、「日本とケルトの、関係」は、説かれては、いない?
児島宮教学部では、越人に、関わる調査を、探して、岡山の児島林の、児島高徳について、探索の旅を、行った。熊野神宮の神官からも、お話しを伺った、それは照合にあり、ここにも八尾稲荷神社や黒田神社について、説明いただいた。吉備津神社では、神官の貝原氏の家紋について、お尋ねしたが、照合には至らなかった。
岡山城では、児島宮との関係を、佐久間不干斎に見られ、天神町の磐余と佐久間甚九郎稲荷の語源の一致を、確認できた。
甚九郎稲荷の語源の一致が、屋根に、見えた鳳凰が、越国の象徴ではあった。
又岡山城では甚九郎家の十六葉菊紋が、古代を物語っていた。

ここからは、ケルトと、「児島高徳の太平記」の、繋がりで、天皇家は、越王勾践から始まっていて、ビン越の無渚子の丑王が八尾王であることは、ビン越で検索すれば、見える。 この丑王が八尾王が?漢の武帝により、国を失い、住民十万人と、東夷に移動したのが、遺跡の照合で、児島宮教学部 が解明した。
ここに日本と天皇と、ケルトの関係は、児島宮教学部しか、解明は出来ない。
児島宮教学部しか、解明は出来ないに、ついて、
児島宮には、口伝しか、ありませんので、立証は、出来ません。


  

平安時代に、夜須で、お茶が、たしなまれて、いた事を、つき止めた、平山は、ここには、官衛役所柏木が、あったから、宮廷から、都人藤原成季

が住んだという 

眠ってた、古代の夜須を、掘り起こしたのは、歴史家で、知られる、宮人だった、筑前町に、なってからも、研究は、熱心に、進み、日本の、古代、さえ、語っている。知る人も、いなかった、江戸前期から、日本の開国まで、ネットで、記しているのは、学者、さえ、解らない部分、このまま、進めば、歴史さえ、立証できなく、なると、言いきっている。何と、茶は、茶器さえ、平安の世には、あった、事が、明らかに、なり、不干斎の末裔にも、なるという、のは、驚きである。

                                                           

                          

夜須で、お茶が、たしなまれて、いた?
誰、が、それは、都では、トップの、柏木の君と、呼ばれていた、人で、その地名が、柏木と、付けられていた。では、茶を、運んできたのは、成田成尋と知り合い、藤原成季(秋月祖)、いい、新聞局さえ、取り上げない、ので、ここまで。 2019/7/7

豊臣秀吉自筆茶会客組天正二十年十一月十六日、名護屋城山里草庵の朝、茶席には、茶頭 宗無、茶頭 有楽、茶頭 祐阿弥、茶頭 不干斎、
茶頭 久阿弥の五席が、儲けられた。名護屋城山里丸での座敷ひらき(11月14~17日)
1592(文禄1) 秀吉 肥前名護屋城に 黄金茶室 を運び茶会を催す。
『蒲生氏郷茶日記』(茶の注文書)で、 当時の宇治茶の ..... 慶長6(1601)年、細川三斎は、豊前に知行地300石を与え、茶頭として迎えたそうです。 千道安 .... これは、津田宗及や、信長の家臣・佐久間甚九郎(不干斎)を招いた会だとか。
デジタル大辞泉 - 草庵の用語解説 - 藁(わら)・茅(かや)などで屋根をふいた粗末で小さい家。くさのいおり。
牧村利貞(兵部)の茶会は津田宗及や、信長の家臣・佐久間甚九郎(不干斎)を招き織田信長の安土城下で行われているようです。
松屋久重編の「茶道四祖伝書」では佐久間不干斎(信栄)からの伝聞として「織部は初めは茶の湯が大嫌いであったが、中川清秀にそそのかされて上々の数寄者になった」と記されている。

福岡県朝倉郡筑前町、(旧夜須町)砥上城林遺跡、が、平安時代の城跡だった事を、児島宮文教課が、発表、日本の歴史が、替わるくらいの、成尋上人と、成任(秋月祖)城が、この城林遺跡から、不可解が、晴れた、歴史の大発見 、ケルト人と、漢時代の丑王(ウガヤフキアエズ)との、関連が、相対した。天皇とも、天神裔ともいう 平山の生い立ちが、中国の浙江省、の越王殿、と相似していた。

児島宮歴研会が世界を取り巻く、文明の源を解明したと語った、世紀の再発見の連続 今までの、歴史が、無意味と、なっていく、間違いの、考古学は、ごみか、先走っていた、近代が、全て、無駄だった、と反省。

眠っていた、平安時代が、ここ夜須に、眠りから目をさました。                                                      

眠っていた、平安時代が、ここ夜須に、眠りから目をさました。、(旧夜須町)砥上城林遺跡とは、
砥上山麓の惣利遺跡出土で木製琴が、実は鬼神祭と、判り、横の田の城林遺跡からも、同じ鬼神祭酒杯が田一面に、散乱している事を、夜須町文化財の石井学芸員が、発掘調査で、意味不明として、いる。
聖地筑紫夜須篠隈大木は天孫降臨地也、大木遺跡からは、農業の象形が、きざまれて、有名になっています。
砥上観音図化古墳、の丸象形は、ケルトの、標が、見える。船と星が、かいてある。ここには、ケルトの、語源 · ‎記紀の伝承 · ‎漢語としての「黄泉の国穴と呼ばれる洞窟の記載があり、「人不得 不知深浅也 夢至此 ... 故(かれ)、俗人(くにひと)、古(いにしへ)より今に至るまで、黄泉(よみ)の坂・黄泉(よみ)の穴と号(なづ)く。古事記では黄泉國(よみのくに、よもつくに)と表記される。 葦原中国とつながっているとされるイザナギは死んだ妻・イザナミを追ってこの道を通り、黄泉国に入ったという。筑前町の、文化財課は、役所そのものが、秘密主義の為、伏せている、ので、ここに掲載する。

      1078年頃の越州天目茶碗 上林より、し、出土していた、この天目茶碗撮影の画像は、津古の九州歴史資料館、蔵の許可の提供による
                      

夜須には、砥上城林遺跡、から、平安時代の、中国の越州窯の、茶椀が、出土し、成尋上人と、藤原成季の、関係が、この、城林遺跡、から、浮かび上がった。「児島宮文教課」遺跡は、平安時代の官衛があった、 郡衙には、郡衙政庁(役人が執務する場所)、正倉(租税として集められた稲などの保管倉庫)、館(宿泊・饗応の役割)、厨(食事を作る場所)などの建物があった模様。郡衙政庁を柏木官衛と、呼ぶ。紫式部に、記す柏木職と相似。
     寛衛二年に、文徳天皇頃、前田臣市成という、人物が、菅原道真の祖となっていて、有名な人物が、あまり知られていない。字、前田は、児島宮の土地まで、続いていた。
砥上城林遺跡、から、平安時代の、中国の越州窯の、茶椀が、出土して、小郡の九歴に、保管された、が、研究は進まず、平安時代に、茶が、あった事が、判る、重要な、中国の越州窯の椀を、解読できるのは、児島宮歴研会、に、あるよう。

 

 神社への各種お問合せにご利用下さい 


 
テーブルランド乗馬倶楽部 総合リンク 大徳寺高桐院 妙心寺智勝院 大覚寺 仁和寺  尊滝院 古美術崎陽 高取八仙窯 杉原姓と  別府大徳美術
 
            
 
 
 
私的使用又は引用等著作権法上認められた行為として、適宜の方法により出所を明示することにより、引用・転載
複製を行うことが出来ます。
児島宮歴史刊行会 
問い合わせ先  
奉賛会 (代表)0946-42-2055  内線 
 

 

 

inserted by FC2 system